超怪しいラーメン

SPONSORED

超怪しいラーメン

連休を利用して、筑後地方をあちこちうろついてみました。

 

みやま市の「道の駅」に行って、野菜を買うことにしました。
ここの野菜は新鮮です。
また、やま市や柳川市や筑後市あたりの名産品など珍しいものが買えます。

 

九州自動車道のみやま・柳川インターを降りて、料金所を出たら、左折します。
そのまま道なりに進むと、左手に「道の駅」が見えてきます。

 

 

入口に炭火焼の焼き鳥屋さんがあります。
八女茶なんかもここで買えます。

 

みやま市はセロリが特産品なのですが、セロリを加工したものもたくさんあります。

 

詳しくはこちら → 道の駅みやま

 

 

そこで今日は超怪しいものを見つけてしまいました。

 

実は、以前この情報は新聞で読んで知っていました。
しかし、まさかこんなところでこいつと出会うとは思っていませんでした。

 

こいつです。

 

 

なんて怪しい袋なんでしょう。
その名も、「エイリアンラーメン」です。

 

 

エイリアンの正体は、わらすぼです。

 

「わらすぼ」は有明海の干潟でとれる魚です。
目は退化して点のようにしか見えません。

 

口にはするどい牙が目立っています。
しかし刺身もあるそうです。
ただ、ムツゴロウと同じで、非常に泥臭いそうです。

 

だから内臓を取って干物にして、素焼きや素揚げにして、酒の肴にしたりします。

 

また、干物でだし汁を取ります。
それでできたのが、このエイリアンラーメンなのです。

 

しかし、私は思わず買ってしまいましたが、どうなのでしょう?
よくもここまで気持ちの悪い袋に入れたものです。
やらかしたなという感じがします。
製造場所は柳川市になっていました。

 

話題作りにはなると思うのですが、食べたいとは思わないのではないでしょうか。
その証拠に、買ってはみたものの、私はまだ食べる気にはなりません。

 

有明海特産を打ち出して、さわやか版というか愛嬌のあるわらすぼを前面に押し出してみたらどうでしょう?

 

 

また食べる気になったら、エイリアンラーメンの袋を開けようと思います。
中身や出来上がったラーメンがどんなものかは、またいつか紹介することにします。

 

普通のラーメンだと思うのですが。

 

 

 

SPONSERED