博多のうどんはやわらかい

SPONSORED

福岡のやわらかいうどん

福岡と言えば、おいしいものが多いことで知られています。

 

ラーメンは有名ですが、意外とうどん屋さんも多いのです。

 

数ある有名店の中、本日は「牧のうどん」に行ってきましたので紹介しますね。

 

 

本店は糸島市の加布里本店ですが、今日は片江の方の店に行ってきました。

 

 

うどんはやっぱりコシがある麺がいいだろうと思っている方も、一度コシのない「博多うどん」を食べてみることをお勧めします。
スープをたっぷり吸った麺を食べると、お腹がいっぱいになり、ほんわか幸せな気持ちになります。

 

博多のうどんの最大の特徴は、この「腰のなさ」なのです。
私は腰のあるうどんの方が好きですが、たまにはこのやわらかいうどんもいいものです。

 

注文書がテーブルに置いてあるので、そこに書き込んで自分で注文できます。
わからない人は店員さんを呼べば、きちんと注文を取ってくれます。

 

おすすめはやっぱり「ごぼう天うどん」または「ごぼ天うどん」でしょう。
ごぼう天と書いてあるけど、やっぱりごぼ天と言いますね。

 

それと、「かしわ飯」もたのむでしょう。

 

 

スープはお替わり自由、ネギも入れ放題です。
スープは甘いです。
癖になる甘さです。
つぎ足すこともできます。

 

 

麺の固さも「柔麺・中麺・固麺」から選べます。
ぼんやり食べてると、麺がどんどんスープを吸いますよ。

 

 

博多うどんはコシのないのが特徴ですが、それぞれのお店で個性豊かな味やトッピングなどがあります。
うどんの食べ歩きをしてみて、次回は新しいトッピングに挑戦してみるのもいいでしょう。

 

 

 

SPONSERED