福岡市のゴミ事情・古紙回収ステーション

SPONSORED

福岡市のlゴミ事情・古紙回収ステーション

福岡市で雑誌、段ボールなどを捨てるには?

 

 

週刊少年ジャンプと週刊少年マガジンが山のように積まれていました。

 

じゃまになって仕方がありません。

 

 

ゆうに100冊は超えていました。

 

そこで、お気に入りの「西部工場」に、持ち込んで一気に勝負に出ることにしたのです。

 

 

汗だくになって、10冊ずつ程度の束にまとめました。

 

運ぶときには、ビニールひもが手に食い込んでとても痛い思いをしました。

 

 

その他の粗大ごみもいっしょに車に詰め込んで、西部工場に向かいました。

 

 

到着して、ゴミを捨てようとすると、職員の方が、捨ててもいいけど、これはかなり料金がかかりますよとおっしゃるではありませんか。

 

いやいや、わざわざ捨てるために来たんですけどと思いました。

 

「西部工場」では、重さで料金が決まります。

 

 

この前ゴミを捨てたときは、0.11トンで、1,540円だったのです。

 

 

 

「どういうことですか?」

 

 

詳しく尋ねたところ、近所にダンボールや雑誌の無料の回収所があるはずですよと教えていただきました。

 

そこに捨てれば、無料で済みますよという言葉に、ぐらっと心が揺らぎました。

 

 

 

さらに詳しく尋ねてみると、近所にそれらしき回収所があることが判ったのです。

 

 

いつも、気になっていた回収所がありました。

 

 

結局、漫画だけは、すべて持ち帰ることにしてみたのです。

 

 

そして、近所を探すと、ありました!

 

 

 

緑色のカエルの絵が目を引く、回収ボックスを見つけました。

 

「古紙回収ステーション」と書かれていました。

 

 

そこに無料で週刊誌や雑誌を捨てることができたのです。

 

なんて、便利なのでしょう。

 

感激しました。

 

 

しかも、家からそれほど遠くはないところにあるではないですか。

 

 

あなたの近所(福岡市ですけど)にも、きっとあるはずです。

 

 

 

 

 

今日も残りの、週刊少年ジャンプや週刊少年マガジンなどを20冊余りと段ボール箱を捨てに行きました。

 

ある程度溜まったら、気が向いたときに、捨てにいけるのがいいですね。

 

 

 

車に積んで、古紙回収ステーションに行き、後は捨てるだけです。

 

無料で捨てられます。

 

 

 

 

段ボール箱もすぐに溜まってしまうので、気になってきたら捨てに行けます。

 

とても、素晴らしいサービスだと思います。

 

 

ただし、段ボールや雑誌、書籍類だけなので、ビニール類やビニールコーティングしてあるような書籍は出してはいけないそうです。

 

また、ゴミを回収しやすいように、しっかりと縛ったりして捨てる気遣いもほしいものです。

 

本当にありがたいサービスです。

SPONSERED