福岡市のゴミ捨て

SPONSORED

福岡市のゴミ捨ての基本

福岡市のごみ捨て事情をお伝えします。

 

あなたの町では、ごみはいつ出すのでしょうか?
福岡市では、深夜にごみ出しをします。

 

 

正しくは「日没(暗くなって)から夜12時までの間」にごみを出します。
しかし収集して回る時間があるので、私の住むマンションに回収に来るのは、たいてい深夜の2時から3時になります。

 

だから、私は常に深夜0時から2時ぐらいにごみを出します。
(ちゃんと時間は守りましょう)

 

 

福岡市のごみ出しの基本は、以下の通りです。

 

基本的に、「燃えるごみ」は、週2回収集されます。
曜日は地域ごとに決まっています。
スーパーなどで、市が指定した赤い袋を購入してそれに入れて捨てます。
取っ手付きのものと取っ手なしのものがあり、大きさも選べます。
私はいつも、大(45リットル)の取っ手付きを買っています。

 

台所ごみやプラスチック類やポリタンクや靴、ハンドバッグ、ペットのふん、枝、ゴム製品、紙おむつ、使い捨てライター、紙くず、布くず、木くず、落ち葉、乾燥剤、保冷剤などなど。

 

竹や木製ほうき類も、1m以内、直径5cm以内であれば、袋からはみ出していても持って行ってもらえます。

 

 

次に、「燃えないごみ」は、市が指定した青い袋を購入してそれに入れて捨てます。
これは、毎月1回、各地域で指定された日に出します。

 

金属類(なべ、やかん、フライパン、針金製のハンガーなど)、ガラス類(コップ、皿、窓ガラス、割れたびんなど)、陶磁器類(茶碗、皿、置物、植木鉢など)、包丁、かさ、蛍光灯、使い捨てカイロ、土、スプレー缶、小型家電類(プリンター、オーブントースター、炊飯器、電気ポットなど)

 

乾電池も燃えないごみで出せます。
しかし、ボタン電池、小型充電式電池、コイン電池は、燃えないごみに出せません。
回収容器が設置されている電気店などに持って行きます。
私は、最寄のヤマダ電機に持って行きます。

 

かさ類は、袋からはみ出しても大丈夫。
口をしっかり縛って出してください。

 

 

また、「空きびん・ペットボトル」は、市が指定した黄色い袋を購入してそれに入れて捨てます。

 

ペットボトルは、必ずキャップとラベルを取り外して、捨てます。
キャップやラベルは、燃えるごみになります。

 

私はペットボトルをつぶして捨てています。
ある程度溜まったら、一気に踏み潰すのです。

 

 

 

「缶ぺちゃ」と言いますが、これは便利です。
ペットボトルは、期待通りとはいきませんが、それなりにつぶれます。

 

 

 

福岡市ゴミ出しの注意点

 

台所ごみは、十分水切りをしてから出す。

 

使い捨てライターは、きちんと中身を使い切ってから捨てる。

 

スプレー缶は、数箇所穴を開けて、中身を出してから捨てる。

 

小型家電は、近くのスーパーに設置されている緑色の回収ボックスに捨てることもできる。
回収ボックスの投入口の大きさは、25cm×8.5cmである。
携帯電話、固定電話、ゲーム機、カメラ、ラジオ、音楽プレーヤー、ICレコーダー、電卓、充電器、コード、ケーブル、イヤホン、リモコンなどが捨てられる。

 

以上の点に注意してゴミ出しをしましょう。

 

 

その他、大きなごみや、市が回収できないごみについては、後ほどお伝えします。

SPONSERED