福岡空港が変わる

SPONSORED

福岡空港が変わる

福岡空港の滑走路が2本になる予定です。

 

福岡には「福岡空港」があります。

 

 

 

空港といえば、普通、結構中心部から離れたところにあります。

 

 

しかし、福岡空港は、福岡市博多区にあります。

 

つまり、結構中心部から近いところにあるわけです。

 

 

 

 

車で行ってもそれほど苦になりません。

 

私も身内が空港で働いていることもあり、ちょっと車で送迎というのことがあります。

 

空港まで送らなくても、最寄の地下鉄の駅まで送ってあげると、空港まではすぐに地下鉄で行くことができます。

 

 

そのように、空港まで地下鉄が乗り入れているのが、福岡空港の誇れるところなのです。

 

 

地下鉄は渋滞を気にせず、正確に早く空港まで行くことができます。

 

JR博多駅からも、地下鉄が利用できます。

 

地下鉄空港線に乗れば、博多駅から5分で福岡空港に着きます。

 

国内線ターミナルの直下にまで乗り入れているので、便利です。

 

 

そこから国際線に行くには、無料の連絡バスも出ています。

 

 

また、空港から地下鉄に乗れば、福岡市で一番の繁華街である天神まで、15分もあれば行けるのです。

 

 

 

 

福岡空港には、路線バスも出入りしています。

 

高速バスを利用すれば、観光地まで直接行くこともできます。

 

詳しくは、こちらを。

 

→ 福岡空港発バスのご案内

 

 

 

さて、そんな福岡空港にも問題があります。

 

 

あまり嬉しくない日本一のものがあるのです。

 

2013年度の航空機の年間発着回数が、羽田、成田に次ぎ、国内3位なのですが、福岡空港には、滑走路が1本しかないのです。

 

羽田は4本、成田は2本の滑走路があります。

 

それにより、福岡空港は、1本の滑走路での年間発着回数が、日本一になっています。

 

 

この超過密度はすごいものがあります。

 

次から次に飛行機が離着陸します。

 

これってすごくないですか?

 

YouTube で見る

 

 

 

 

それで、現在1本目の滑走路に平行して、2本目の滑走路が作られています。

 

それに伴い、国内線ターミナル周辺がリニューアル工事を行っています。

 

 

第2ターミナル前の今までの駐車場が閉鎖されて、少し遠くに車を駐車しなければならなくなりました。

 

車で行く人にとっては、ちょっと不便になりました。

 

 

ターミナル前の道路も、あれこれとコースが変わっていて、今はちょっとごたごたした感じがしています。

 

 

SPONSERED